茨木市、高槻市、吹田市、大阪市、豊中市、箕面市、摂津市での建設業許可申請ならお任せ下さい!

電話番号
トップページ > 許可の更新申請

許可の更新申請

許可の更新申請について

建設業許可の有効期間

建設業許可の有効期間は、許可のあった日から5年目の許可日の前日をもって満了となります。有効期間の末日が行政庁の休日(日曜日など)であっても同様です。なので、続けて建設業許可を持って営業するためには、5年ごとに建設業許可の更新申請をしなければなりません。更新申請をしなければ、期間の満了とともに建設業許可は効力を失います。

建設業許可の更新申請の期日

建設業許可の更新申請は、知事許可の場合、期間の満了する日の30日前(大臣許可なら3ヶ月前)までに申請書を提出しなければなりません。期間の満了する日の30日前(大臣許可なら3ヶ月前)迄に申請を行う理由は、有効期間の満了日に新たな許可通知書を取得するための手続期間が必要だからです。もっとも、期間の満了する日の30日前(大臣許可なら3ヶ月前)を経過して更新申請を実施したとしても、有効期間が満了する日までならば、更新の申請書は受理されます。但し、期間の満了する日に新たな許可通知書を取得できない可能性があります(このような場合、許可の空白期間が生じるわけではなく、新たな許可又は不許可が決まるまでは、従前の許可が有効であるという扱いにはなります)。
一方、機関が満了する日を1日でも経過した場合は、更新申請は一切受け付けてもらえず、改めて新規の許可申請を行わなければならないことになります。
尚、更新手続きをする際には、それまでの期間に関わる決算変更届などの「変更届」がすべてされていることが前提となります。これらの届出がされていないと建設業許可の更新手続きが迅速に行えなくなり、最悪の場合は、許可が失効することもあります。

ページトップへ戻る

当事務所のサービス

料金表(更新申請)

サービスの対応地域

大阪府の茨木市、高槻市、吹田市、大阪市、豊中市、箕面市、摂津市に建設業の営業所を設置する建設業者

ページトップへ戻る
Copyright(C) 建設業許可.com All Rights Reserved.