茨木市、高槻市、吹田市、大阪市、豊中市、箕面市、摂津市での建設業許可申請ならお任せ下さい!

電話番号

建設業許可の基礎知識No.3

許可業種の種類

建設業許可は、営業しようとする業種ごとに許可を取得しなければなりません。許可の業種は、工事の専門性から、以下の28業種(平成28年に「解体工事業」が加わる予定です)に分けられています。

建設工事の種類と業種

重要なのは、「営業しようとする業種ごとに許可を取得しなければならない」ということです。例えば、大工工事の許可しか持たない建設業者が500万円以上(消費税込)の内装工事を請負ってしまうと『無許可営業』ということになってしまいます。500万円以上(消費税込)の内装工事も請負う場合は、内装仕上工事の許可も取得しなければならないということです。

一式工事について

建築一式工事や土木一式工事で誤解が多いのは、建築一式なら建築、土木一式なら土木に関する工事ならどんな工事でも自社で施工することができると考えられていることです。

一式工事とは、大規模や施工内容が複雑な工事を、元請業者としての立場でマネジメントすることを想定した業種であり、各種の専門工事を自社で施工することを想定した業種ではありません。建築一式工事の許可しか持たない建設業者が、500万円以上(消費税込)の内装工事を自社で施工することは『無許可営業』に当たるので注意して下さい。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 建設業許可.com All Rights Reserved.