茨木市、高槻市、吹田市、大阪市、豊中市、箕面市、摂津市での建設業許可申請ならお任せ下さい!

電話番号
トップページ > 許可取得の為の基礎知識

建設業許可の基礎知識まとめ

許可取得の為の基礎知識 【 まとめ 】

建設業許可は、すべての業者が同じ一つの許可を取得するわけではありません。建設業者の営業の形態によって取得すべき許可が変わってくるからです。
ここでは、建設業者が許可を取得するために、まずは押さえておかなければならない基礎知識についてまとめています。詳しい説明は、各項目の「⇒詳細はこちら」をクリックして下さい。

知事許可と大臣許可

建設業の営業所が同じ都道府県にしか存在しないか、それとも2つ以上の都道府県にまたがって存在しているかによって、取得する許可が「知事許可」か「大臣許可」なのかが変わってきます。
⇒詳細はこちら

一般建設業許可と特定建設業許可

元請業者となって下請業者に発注する場合には、その発注金額によって、「一般建設業許可」の取得でいいのか、それとも「特定建設業許可」を取得すべきなのかが変わってきます。
⇒詳細はこちら

許可業種の種類

許可の種類は、工事の専門性から28業種に分類されており、営業しようとする業種毎に許可を取得しなければなりません。
⇒詳細はこちら

許可取得の要件

建設業許可を取得しようとする者は、許可取得のための要件を備えていなければなりません。この要件をクリアーしていない者は建設業許可を取得することができません。
⇒詳細はこちら

但し、以下に該当する一定の軽微な工事だけを請負う建設業者については、建設業許可を取得しなくても営業ができるように配慮がされています。

  • 建築一式工事で、工事1件の請負金額が消費税込みで1,500万円に満たないもの
  • 建築一式工事で、述べ床面積が150㎡に満たない木造住宅の工事
  • 建築一式以外の工事で、工事1件の請負金額が消費税込みで500万円に満たないもの
ページトップへ戻る
Copyright(C) 建設業許可.com All Rights Reserved.